芸能人

友寄蓮と西岡真一郎の馴れ初め(出会い)は?共通の趣味で急接近しデキ婚か!

tomoyose-ren[1]

東京都小金井市長の西岡真一郎さんと、タレントの友寄蓮さんが、2021年7月に結婚と妊娠を発表しました。

26歳の年の差婚、さらに結婚とともに妊娠を発表し「できちゃった婚」ではないか?とSNS上で話題になっています。

親子のような年の差による結婚ですので、驚いた方も多いのではないでしょうか。

友寄蓮と西岡真一郎の馴れ初め(出会い)は?

結婚と妊娠を発表したお二人ですが、馴れ初めや出会いのきっかけは何なのでしょうか?

早速見ていきましょう。

こがねい浴衣美人コンテスト

東京都小金井市長の西岡真一郎さんと、タレントの友寄蓮さんが出会ったきっかけは、東京都小金井市のイベントや献血活動で一緒に仕事をするようになったことのようです。

2018年7月に友寄蓮さんは、「こがねい浴衣美人コンテスト2018グランプリ」でグランプリを受賞しました。

2019年7月には、新小金井駅前縁日のイベントで、こがねい浴衣美人コンテストのPR活動を西岡市長とともにしている様子がSNSでアップされていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

友寄蓮 Ren Tomoyose(@ren_tomoyose)がシェアした投稿

この頃から小金井市のPR活動をする中で、お二人が出会い急接近した可能性が高そうです。

小金井市の献血大使活動

また、友寄蓮さんは小金井市の献血大使として活動し、互いのツイッターやインスタグラムにもツーショットを掲載しています。

このことから、お二人はこがねい浴衣美人コンテストを通して出会い、その後献血活動を通して距離が縮まり交際をスタートさせた可能性が高そうです。

共通の趣味

西岡市長はご自身のツイッターでご自身の趣味について、こう公言しています。

趣味は世界遺産熊野古道巡りと家庭菜園。

西岡真一郎ツイッター

世界遺産を巡るとはなかなか渋い趣味ですよね。

一方、友寄蓮さんの趣味は神社仏閣巡り。特技は華道だそう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

友寄蓮 Ren Tomoyose(@ren_tomoyose)がシェアした投稿

ちあみに友寄蓮さんが映る、献血のポスターも神社の前で撮影していました。

西岡市長の世界遺産巡りと、友寄蓮さんの神社仏閣巡りという趣味。

どちらも日本独自の伝統や文化を感じられる、素敵な趣味ですよね。

なんだか似ているような気がします。

似たような趣味を持っているという点で、意気投合した可能性も高そうですよね!

友寄蓮と西岡真一郎のデキ婚!SNSの声

おふたりの馴れ初めについて見ていきましたが、友寄蓮さんと西岡市長のデキ婚について、SNSでは祝福する声がある一方、疑問視する声もありました。

  • 自分だったら恥ずかしくて歩けない
  • 娘ほど年齢が離れた女性を結婚する前に妊娠させるのは気持ち悪い
  • おめでとうと言いたいが、デキ婚ってのはちょっと・・・

と、祝福したいという声がある一方で、年の差婚&デキ婚という事実に対して心配する声もありました。

とはいっても当人同士が幸せであれば、外野がとやかく言う必要はないような気もします。

冬には新しい命が誕生するとのことですので、身体に気をつけてお二人で仲良く過ごしてほしいですね。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

友寄蓮 Ren Tomoyose(@ren_tomoyose)がシェアした投稿


小金井市長の西岡真一郎さんと、タレントの友寄蓮さんの結婚発表を受けて、お二人の馴れ初めや出会いのきっかけについて、まとめてみました。

今後新しい命も誕生するとのことで、お二人のますますの幸せを祈りたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。