芸能人

【今日好き】りょかじんが別れた理由3つ!破局原因は浮気と遠距離か?

ryokajin

AbemaTVで人気のある恋愛リアリティショー「今日好きになりました朝顔編」

2021年8月、見事りょうか(折田涼夏)とじん(松本仁)がカップル成立となったことが判明しました!

そんなお二人ですが、別れる寸前なのでは?という声も。

今回はりょかじんの破局秒読みと言われる原因についてまとめてみました!

【今日好き】りょかじんが別れた理由!破局原因は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

かなみ💿(@kanami_ryokazin)がシェアした投稿

「今日好きになりました朝顔編」にて、カップルが成立したりょうか(折田涼夏)とじん(松本仁)。

りょかじんカップルが破局秒読みと言われる理由について、まとめてみました。

破局理由①遠距離恋愛に耐えられない

 

この投稿をInstagramで見る

 

@sabum.aiがシェアした投稿


りょうかは北海道出身、じんは奈良県出身です。

県をまたいでの遠距離恋愛となってしまうため、コロナの影響もあり、頻繁に会うことは難しいですよね。

近くにいれば直接顔を合わせて相談できたことも、なかなか出来なくなった結果として、破局につながってしまうかもしれません。

破局理由②りょうかが浮気?他の男性を好きになった

 

この投稿をInstagramで見る

 

うさぎちゃん(@usagichan.o0)がシェアした投稿


りょうかは、「今日好きになりました朝顔編」で初めての彼氏が出来たと告白しています。

つまり、じんが人生ではじめての彼氏ということですね!

ですがりょうかは2004年7月20日生まれの現在17歳という若さです。

可愛らしい容姿なので学校内でも十分モテるでしょうし、まだ若いのでつい浮気してしまい、別の男性を好きになってしまった…なんてことは十分考えられそうです。

破局理由③じんが泣き虫でりょうかが冷めた

 

この投稿をInstagramで見る

 

松本 仁(@jin__.24021)がシェアした投稿

じんは、りょうかと撮影したYou Tube動画で自分の短所について語っています。

2分26秒~でじんは短所について「案外すぐ泣く」と話しています。

一般的にもやはり泣いてしまいやすい男性は、苦手という女性は多いです。

喧嘩や真剣な話し合いになったときに、涙を流されてしまうときちんと会話ができなくなり、困ってしまう場合も多いですよね。

そんなすぐ泣いてしまうじんに対して、りょうかが愛想を尽かしてしまった…なんて可能性もありそうです。

りょかじんが付き合った経緯は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日好き@ABEMA(@kyousuki_official)がシェアした投稿

「今日好きになりました。朝顔編」で出会った2人。

りょうかは、第一印象から両想いだったじんと、一途に想いを伝え続けてくれた、あさと(小野朝郷)の2人からアプローチをうけます。

あさとは、りょうかに対して歌のプレゼントを贈る素敵な演出も。

ですが、最終的にりょうかは、じんを選びます。

じんがりょうかに告白した時の言葉はこちらです。

りょうかちゃん2泊3日ありがとう。
なんかりょうかちゃんの笑顔とか
すぐ照れるとこ、積極的に行けないとことか含めて
全部好きです。

まだまだ知らない事たくさんあるけど
もっともっと知りたいなって思ったし
ずっとそばにいたいです。

そしてずっと手を繋いで居たいです。
もしよかったら、こんな僕ですが初めての彼氏になりたいです。
付き合って下さい。

まっすぐなじんの気持ちが伝わり、見事2人はカップル成立となりました!

じんの男らしい告白シーンは、何度見てもカッコいいと思ってしまいますね!

「今日好きになりました。朝顔編」は、ABEMAプレミアムに登録すると見ることが出来ます。2週間無料ABEMAプレミアム登録はこちら

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ここ(@koko._.jin214_)がシェアした投稿

「今日好きになりました朝顔編」でカップル成立となった、りょうかとじん。

そんなりょかじんカップルが別れた原因についてまとめてみました!

今後の2人の活躍を見守りたいですね。

asagao[1]
【今日好き朝顔編】メンバープロフィールまとめ!出身地や年齢を調査第38弾となる「今日好きになりました朝顔編」が、2021年9月13日の22時~放送されます。 そんな朝顔編に登場するメンバーをまと...
kurekose[1]
【もう好き】くれこせが別れた理由!破局原因はみるきへの未練かAbemaTVで人気のある恋愛リアリティショー「今日好きになりました特別編」である「もう一度好きになってもいいですか?」。 「もう...