芸能人

松山ケンイチの田舎暮らし!小雪との別荘は北海道森町でいくらと毛ガニが有名?

matsuyama-kenichi

2021年2月9日に、松山ケンイチさんのライフスタイルについてYAHOOニュースで、1年の半分を田舎で暮らしているというインタビューが掲載されていました。

松山ケンイチと小雪が田舎暮らしを開始!

 俳優の松山ケンイチ(35)さんは、2018年に北日本の雪深い村に一軒家を購入し、妻の小雪、3人の子どもとともに移住。現在、年の半分ほどはその村で過ごし、自ら畑を耕す日々を送っているという。

YAHOOニュース

どうやら松山ケンイチさんは、2018年に田舎暮らしを開始し、移住を決意。

北日本の雪深い村に一軒家を購入しているとのこと。

年の半分ほどは移住先で生活をしているそうです。

畑を自分で耕すなどスローライフを満喫している松山ケンイチさん。

では一体、松山ケンイチさんが田舎暮らしをしている移住先は、どこなのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

松山ケンイチと小雪の別荘の場所はどこ?

松山ケンイチと小雪の別荘の場所はどこなのでしょうか?

先程紹介した記事の中では、2018年に北日本の雪深い村に一軒家を購入し~と書かれていました。

北日本かつ雪が沢山降る地域となると

  • 北海道地方
  • 東北地方

あたりが可能性としては高そうですよね。

松山ケンイチさんが田舎暮らしをしている移住先について、調査したところ北海道にある茅部郡森町であるという情報がありました。

北海道の街ですので、たしかに先程の「北日本の雪深い村」という点は特徴として一致します。

実は、SNSでも、北海道森町での松山ケンイチさんの目撃情報が投稿されています。

田舎町でこれだけの松山ケンイチさんの目撃情報があるとなると、移住先は北海道森町である可能性がかなり高いといえるでしょう。

松山ケンイチと小雪が暮らす「北海道森町」はどんな場所?

北海道茅部郡森町とは、人口約14,000人の小さな町です。

漁業や農業がさかんな地域で、夏は30度を超えることはまれ、冬でもマイナス15度まで下がることはないとされており、北海道内では比較的過ごしやすい地域といえます。

漁業・農業が盛んな町であり、南は北斗市と七飯町、東は鹿部町、南西は渡島山脈によって厚沢部町に、西は八雲町にそれぞれ接しています。 気候は盛夏でも30℃を越えることはまれで、厳冬でもマイナス15℃まで下がることは珍しく、年平均気温7から8℃で、積雪も少なく、北海道でも温暖な地といえます。

森町│森町の紹介

森町のふるさと納税の返礼品として、いくらや毛ガニなどの新鮮な海鮮を取り揃えています。

SNSでも多くの人が森町のふるさと納税返礼品をアップされていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

cars narcy(@kareshima)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukka(@snow_flowers.220)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ともよし(@tomoandpooh2020)がシェアした投稿

この投稿の数々を見ると、地元の海鮮は美味しいことが予想できますね!!

森町のふるさと納税は、毛ガニやいくらなどのセットもあるので、1度は頼みたいところですよね!

またTwitterでは、北海道の中でも森町はかなり田舎の地域であるという投稿もありました。

 

昔ながらの自然豊かな地域であることが分かります。

松山ケンイチさんは、田舎暮らしについて以下のように詳細を語っていました。

家族と地方を旅行するついでに、その土地で1カ月暮らしてみる、ということを繰り返し、18年に妻の小雪と相談して現在の土地を選んだ。 「そこに一軒家を建てて、目の前の土地を耕して、畑にしました。広さはテニスコートより少し小さいくらいかな。いまは事務所にも協力してもらって仕事を調整し、年の半分くらいはその村で過ごすようにしています。子どもの学校については、区域外就学制度というのがあって、住民登録されていない子でも村で過ごす期間は地元の小学校に通わせることができるんです」

YAHOOニュース

年の半分は田舎暮らしをしており、子どもも田舎暮らしをする期間はその土地の学校に通わせているそうです。

自然豊かな地域でのびのびと過ごせるので、教育の面でも良さそうですね!

また、田舎の土地で、野菜を自分の手で育てていることも明かしています。

「せっかくなら野菜を育てたいという思いがあって、育てやすい時期に村に向かいます。いろんな野菜に挑戦していますよ。ニンジン、大根、枝豆、ネギ、小松菜…。去年は知人のビニールハウスを借りて、ミニトマトを栽培しました。それをトマトジュースにして、撮影の時に差し入れていました」  近隣の住民に農業を基礎から教えてもらいながら、試行錯誤の日々を送る松山さん。

「とにかく虫がたくさんいるんですよ。昨年の夏はセミが羽化する瞬間を初めて見ました。羽化したばかりのセミはものすごく綺麗な緑色をしていて驚きました。自宅の近くには川もあるので、釣りに行きます。東京近郊だとなかなか釣れないヤマメやイワナもたくさんいて、釣れた時は天ぷらにして食べています。」

YAHOOニュース

森町の広い土地に、家を建てて畑を持ち、自給自足の生活を家族で送っている様子がうかがえますね。

北海道森町の12月の風景や景色はこんな感じです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TORU(@toru_luoto)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

菊地満穂(@michiho2019)がシェアした投稿

閑静な町並みに、しんんしんと降る雪が積もっている様子です。

雪景色が自然豊かでとても綺麗ですね!

また、過去にはSNSでこんな投稿もあったようです。

松山ケンイチ、森町にきてる
三業祭にきてる
まったく興味ないwww

ーなおやん(@131019n)2018年8月19日

引用元:エンタメJOKER

地元のお祭り名も挙げて投稿されていることから、かなり信ぴょう性が高い情報かと思われます。

先程の投稿に出てきていた「三業祭」とは毎年8月下旬に「森町地域活性化広場」で開催されるお祭りのことです。

この祭りは、

  • 農林業
  • 水産業
  • 商工業

の3つの「業」が一体となってお祭りをすることから「三業祭」という言うそうです。

森町観光ナビでは、お祭りの様子もアップされていました。

ホームページはこちら

このお祭りに松山ケンイチさんも来ていたということで、町の皆さんはびっくりしたかもしれませんね。

まとめ

松山ケンイチさんの田舎暮らしについて、北海道森町ではないか?という情報についてまとめてみました。

子どもとともにのびのびと出来る環境で、スローライフを送っていて素敵ですね。