イベント

嶋津雄大選手の休学理由は目の病気か小説か?出身中学高校を調査!

あい
あい
こんにちは!あいです!

創価大学の嶋津雄大選手が、2021年の箱根駅伝で激走を見せて話題になっています。

2021年の箱根駅伝往路では、東海大の佐伯選手を抜き去って独走を見せました!

そんな嶋津選手について詳しく見ていきたいと思います!

嶋津雄大(創価大)休学理由は目の病気だった!

 

嶋津雄大選手は、遺伝性で進行性の「網膜色素変性症」という病気を持っています。

嶋津は遺伝性で進行性の難病「網膜色素変性症」を患い、生まれつき暗いところが見えづらい。この1年間で「大きな変化はないが、少し進行しているのかなというのが自分の中ではある」と不安な気持ちを率直に打ち明ける。屋外の夜間練習などに制限があるものの、若葉総合高(東京)時代は約70メートルの廊下を何十往復もするなど、自ら工夫した練習で鍛えてきた。

出典:YAHOO!ニュース

 

生まれつき暗いところが見えづらいという病気で、嶋津選手自身も、病気に対して不安に思っている事がわかります。

スポーツをしている人にとって、目が見えづらいということはハンデになりかねません。

嶋津選手は、2020年春~9月まで大学を休学しています。

 

休学の理由について嶋津雄大選手自身から、公表されることはありませんでしたが、当時ネットでは「病気が理由では?」という噂も飛び交いました。

ですが2021年の箱根駅伝では、見事区間トップの走りを見せてくれました!

前回大会後、理由は明かさないが一時休学した。再び走り始めたが体力は落ち、「市民ランナーよりも遅いくらい。どっちの足が前にでてるのか分からないくらい走ることを忘れていた」と振り返る。ただ、「走れなかったことで、周りのみんなのすごさを感じ、チームメートの成長を素直に喜べるようになった」。4区で日本人トップの区間2位の好走に「ゼロからここまで来られた」と達成感に浸った。

出典:YAHOO!ニュース

 

走れなかった葛藤をバネにしてここまでの成果を残せるなんて、素晴らしいですよね!

また、嶋津雄大選手は休学中に3作目の小説を書かれています。

嶋津雄大選手は、2020年以降にペンネーム「アイランズ」で小説を書かれています。

嶋津選手の場合、小説を書くことに集中するために休学という選択肢を選んだ、という可能性は高くはなさそうです。

ですが箱根駅伝の選手が、小説も書いているなんて意外ですよね。

過去に箱根駅伝を走ったこともある作家としては、漫画家ではありますが「最終兵器彼女」などで有名な高橋しんさんがいますね。

ちなみに第1作は大学の創作部と協力するも、コミティアが中止になり、お蔵入りになっており、2作目は4月「第27回電撃大賞」に出して落選となっています。

2作目のほうは、陸上と異世界のコラボレーションを題材とした物語だそうです。

スポーツだけではなく、文芸面での今後の活躍も期待したいところですね。

嶋津雄大選手の出身中学高校は?

嶋津雄大選手の出身中学や高校はどこでしょうか?


ここで嶋津雄大選手の経歴を見てみましょう。

名前 嶋津 雄大(しまづ ゆうだい)
生年月日 2000年3月28日
身長・体重 170センチ・55キロ
出身地 東京都町田市
所属大学学部 創価大学文学部3年

嶋津雄大選手は東京都町田市に生まれ、地元の中学である町田市立堺中学を卒業しています。

高校は東京都稲城市にある、東京都立若葉総合高等学校です。

2005年に設立された新しい学校で、昔は南野高等学校という学校名でした。

高校の通称は、「若総(わかそう)」

出身の有名人としては、女子サッカー選手の澤 穂希(さわ ほまれ)がいます。

2020年時点で、偏差値は47です。

 

嶋津雄大選手に対する視聴者の反応

2021年の箱根駅伝往路では、東海大の佐伯選手を抜き去って独走を見せた嶋津雄大選手!

ネットでは早速嶋津雄大選手に対して、様々な反応がありました。

 

網膜色素変性症という病気のハンデを感じさせないほどの、圧巻の走りに感動したという声がとても多かったです。

今後の嶋津雄大選手にますます期待してしまいますね!