芸能人

Ryuga(堀隆雅)の高校大学は慶応で学費が高すぎ!wiki風プロフィール

ryuga[1]

2021年9月21日に、週刊文春を通して浜辺美波さんに交際報道が出ました。

 今年6月6日の夜、浜辺の愛犬、ポメラニアンの「ぽぷちゃん」をリュックに入れて背負い、浜辺の自宅マンションを訪れたのは、男女ポップデュオ「まるりとりゅうが」のメンバーであるRyuga(24)。Ryugaはマンションのエントランスに向かうと、自らが持っていた鍵を取り出し、慣れた様子で入っていった。しばらくして出てきたRyugaの背には、リュックサックはない。つまり、連れて来たポメラニアンごと、浜辺の部屋に置いてきたのである。

YAHOO!ニュース

交際相手であるRyugaさんとは、いったい何者なのでしょうか?

早速見ていきましょう。

Ryuga(堀隆雅)のwiki風プロフィール

Ryugaさんの顔画像はこちらです。

爽やかな好青年イケメンですね。

Ryugaさんのプロフィールは、以下のとおりです。

  • 名前:Ryuga(本名は不明)
  • 出身:北海道
  • 生年月日:1997年8月8日(2021年9月現在、24歳)
  • 男女ポップデュオ「まるりとりゅうが」で歌手として活動中。
  • 作詞作曲やSNS配信、自主企画イベントなどにも精力的に活動。

Ryugaさんは、2018年4月にMaRuRiさんと男女ポップデュオ「まるりとりゅうが」を結成します。

ふたりともイケメン&美女ですよね~!

デビュー曲「気まぐれな時雨」は各配信サイトで1位を記録するほどの人気で、若い世代からの支持を集める新進気鋭のアーティストです!

2018年春には本名である「堀隆雅」で、テレビ朝日の音楽番組「今夜、誕生!音楽チャンプ」に出演した経歴もあります。

直近では2021年9月に「まるりとりゅうが」として「関西コレクション」にて出演。

今後はデュオ単独公演を目標にしながら、活動をしていくようです!

Ryugaの出身高校・大学はどこ?

Ryugaさんの出身高校・大学は以下のとおりです。

  • 高校:慶應義塾ニューヨーク学院
  • 大学:慶應義塾大学 商学部

更にくわしく調査していきましょう。

Ryugaは慶應義塾ニューヨーク学院卒!学費500万は本当?

高校は慶應義塾系列校である、「慶應義塾ニューヨーク学院」に在籍していました。

1990年設立された高校でアメリカのニューヨーク州にあり、卒業すると日本とアメリカ両方の高卒の学歴を取得できる学校です。

有名人だとあの藤井フミヤさんの息子である、アナウンサーの藤井弘輝さんもこちらの高校出身なんだそう。

ちなみに学費はどのくらいかかるのか?も調査してみました。

慶應ニューヨーク学院のウェブサイトによると、学費は以下のようになっています。

入学金:3,700ドル
授業料:25,250ドル
寮費:15,200ドル
教材費:2,000ドル
施設設備費:2,000ドル
プログラム費:1,000ドル
入学検定料:500ドル

入学金など、初年度のみの費用を除くと、一年間にかかる学費は約45,000ドルで、1ドル110円で計算すると約500万円になります。

このほか、年3回の長期休暇に帰省するための渡航費や、クラブ活動費、お小遣いなどを考慮すると、トータルでかかる費用は年間600万円程度といえます。

CATAL

なんと年間で500万円はかかるとのこと。

一般家庭ではなかなか捻出することが大変な金額ですね。

Ryugaさんは裕福なご家庭で育っている可能性が極めて高そうですね!

Ryugaは慶應義塾大学商学部卒!

Ryugaさんは慶應義塾大学の商学部のご出身です。

Ryugaさんは大学1年生の頃から、本格的に音楽活動を開始しています。

2017年6月~ご自身のInstagramで歌っている動画を掲載しています。

とても伸びやかな歌声で、聴いている方も癒やされますよね。

大学時代にはいつメン(いつものメンバー)でUSJへ遊びに行くなど、おちゃめな一面ものぞかせています。

大学の卒業が決まった時には、「無事に卒業が決まりました」とご自身のInstagramにて発表していました。

2021年3月に無事大学を卒業した際には、卒業証書を持った写真もアップしていました。

慶應義塾大学商学部の偏差値は、65.0~67.5程度とされています。

Ryugaさんは、音楽活動とともに、大学での勉強もしっかりと頑張っている、まさにハイスペックイケメンだったのですね!

まとめ


Ryugaさんが浜辺美波さんと交際しているという報道を受け、Ryugaさんのプロフィールについてまとめてみました!

イケメンでハイスペックで歌もうまいので言うことなしですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。