芸能人

ダウン症モデル菜桜の学校はどこ?モデル事務所は?かわいいと評判!

nao-daun

ダウン症を持っているモデルの菜桜さんが、かわいいと話題になっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Downsyndrome*nao(@nao_angel_smile)がシェアした投稿

YAHOOニュースでもその存在を取り上げられていました。

「ダウン症モデル」として活動している菜桜(なお)さん(16)が、注目を集めている。昨年から本格的に活動を開始するや、インスタグラムのフォロワー数は月を追うごとに増え、昨年12月末には1万人を超えた。

YAHOOニュース

ダウン症モデルとして活動をしているということで、一体どこの学校に通っているのか?

モデル事務所はどこに所属しているのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

ダウン症モデル菜桜の学校はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Downsyndrome*nao(@nao_angel_smile)がシェアした投稿

ダウン症モデルの菜桜さんは、2021年現在、静岡県富士市にある富士特別支援学校高等部に在学しています。

富士特別支援学校は、小学部・中学部・高等部に分かれています。

菜桜さんが所属する高等部では、富士特別支援学校のホームページを見てみると、体育や美術、職業について学ぶ教科学習のほかにも農業や陶芸などの活動をする作業学習、さらに実践的な職場実習もしていることがわかります。

 

機織り実習の一環として、富士市の地元のカフェにて生徒や作成したコースターや作品を販売することもあるそうです。

地域に根ざした活動に積極的に取り組まれている学校であることが伝わってきますね!

菜桜さんもこちらの学校で毎日のびのびと学ばれているのではないでしょうか。

ダウン症モデル菜桜のモデル事務所はどこ?

ダウン症モデル菜桜さんが所属するモデル事務所は、どこなのでしょうか?

YAHOOニュースでは以下のような記載がありました。

 現在は静岡県内の特別支援学校に通いながら、県内のモデル事務所「スタジオ・エリカ」に所属し、撮影やファッションショーの仕事をしている。事務所の青島えりか代表も期待を抱く。 「注目度が高まってきた。事務所としては、プロとして生活できるよう、ギャラを発生させてあげたい。フォロワーを増やし、アパレルと契約することが目標です」

YAHOOニュース

記事によると静岡県島田市にある「スタジオ・エリカ」というモデル事務所に所属していることがわかりました。

スタジオ・エリカは健常者とハンディキャップを持つモデルが所属しています。

健常者とハンディキャップモデルの共存による人間性の発展、相互理解、許容性も同時に育て「健常者」「障がいがある人」という垣根のないボーダーレスを目標にしています。またADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害で見た目にはわかりにくい障がいがある人もその障がいを隠すことなく話せる世界を目指し、所属モデルには心と身体の両側をサポートし、いつでも帰って来れるような心のよりどころがstudio Erikaです。

スタジオ・エリカ

障害がある人もない人も垣根を超えた世界にしていきたいという希望を込めて、活動をされているようです。

事務所のInstagramを見ると菜桜さんのほかにも障害を持っている子たちが、活躍していることがわかります。

スタジオ・エリカでのモデル応募条件や選考方法は以下のとおりです。

【応募資格】

年齢 男女ともに5歳~シニアまで 経験不問

ハンディキャップをお持ちの方もご応募お待ちしております。

【選考方法】

第一次審査 書類選考

第二次審査 面接選考

スタジオ・エリカ

5歳から応募することが出来るようで、障害を持っている方も積極的に応募を受け付けていることがわかります。

地元静岡にあるモデル事務所に所属することで、菜桜さんもモデル活動と学校生活をうまく両立しているのではないでしょうか。

ダウン症モデル菜桜のネットでの評判

ダウン症モデル菜桜さんについて、ネットでは評判が広がっています。

  • すごく可愛い!
  • 親とご自身の努力の賜物
  • 顔が小さい!

とモデルとしての菜桜さんを絶賛する声や評判がじわじわと増えているようでした。

障害を持ちながらも、生き生きと夢に向かって活躍する姿はとても素敵で輝いていますよね!!

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Downsyndrome*nao(@nao_angel_smile)がシェアした投稿


ダウン症モデルの菜桜さんについてまとめてみました。

菜桜さんの今後の活躍、ますます楽しみですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。