芸能人

岩橋玄樹のパニック障害はいつから?原因は小学校時代のいじめか?

iwahashi[1]

King & Princeの岩橋玄樹さんが、2021年3月にグループ脱退とジャニーズ事務所を退所。

そして、2021年10月に初のファーストシングルを出すことが発表されました!

2018年11月からパニック障害という病気のために、活動を休止していていた岩橋さん。

いったいいつからパニック障害を抱えていたのでしょうか?

岩橋玄樹のパニック障害はいつから?原因は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ibuki(@genki_1217_tiara)がシェアした投稿


岩橋玄樹さんが、パニック障害だということは、「RIDE ON TIME」というフジテレビが放送した深夜帯ドキュメンタリーテレビで告白しています。

岩橋は小学生のときにいじめに遭ったことを明かし、その後学校に通わなくなったことを告白。その後、「はっきり言うと、僕ずっと、パニック障害というものと闘ってきて」と自身の病を明かし、「逃げられないような立場だったり、もうどうしていいかわからなくなると、自分の感情のコントロールがわからなくなって」と自身の苦しみを口に出し、病気を知っているのは神宮寺だけと話した。

サイゾーウーマン

この話から推測すると、小学校時代のいじめが原因である可能性が高そうです。

学校に通学出来ないほど辛い思いをしていた過去を持っている岩橋さん。

病気についてもごくわずかなメンバーにしか明かしていなかったようですね。

「いつ治るかわからないし、でもやっぱりそれは自分が一生抱えていくものだと思って。それを抱えた状態で、どういろいろ表現できるかっていうのは、僕だけの悩み」と、自身のアイドル活動の根底にあるものに言及。だからこそ、ステージとプライベートをきっちりと分けているといい、「アイドルとしての僕しか見せられない。じゃないとパニックになっちゃうから」と明かしたのだった。

サイゾーウーマン

病と向き合うべく、仕事とプライベートを分けて考えているというお話もされていました。

色々な思いを抱えながらアイドル活動を頑張ってこられたことが感じられますよね。

繊細でありながらも、真面目で熱心な気持ちが強いことも伝わってきます。

岩橋玄樹が患ったパニック障害とはどんな病気?

パニック障害とは、こころの病気のひとつです。

パニック障害とは突然激しい動悸(どうき)や発汗、息苦しさ、強い不安感に襲われる脳の病気。「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」の三大症状があり、100人に2~3人が発症するといわれる。「パニック発作」は長くても1時間くらいで収まるが、繰り返すうちに恐怖感が生まれ「予期不安」に。大勢の人が集まる場所などを避ける「広場恐怖」につながる。悪化すると、うつ病を併発することもある。治療には抗うつ薬などが使われる。

YAHOOニュース

発作が起きてしまうのではないかという不安から、外出が難しくなる状態もあるようです。

100人いたら2~3人が発症するとも言われているため、どんな人でもなりうる可能性を抱えているといえるのではないでしょうか?

無理をせずに自分のペースで回復することが臨まれる病気です。

岩橋玄樹はパニック障害の療養中にどんなことをしていた?


岩橋さんはパニック障害の療養中は、アイドル活動を中断しテレビや舞台などの表舞台に出る活動は控えていました。

パニック障害の療養とは具体的にどんなことをするのか?を調べてみました。

〈パニック障害〉 療養中の暮らし方

完治までには時間がかかります。よくなったと思えても、また不安がぶり返してきたり、はかばかしく改善していなかったり…パニック障害は、一進一退をくり返しながら治っていく病気です。

ゆっくり気長に

  • 規則正しい生活を心掛けましょう。
  • 疲れる前に一休みしましょう。
  • 主治医に何でも相談しましょう。
  • 服薬をきちんと行いましょう。
  • 家族や友人との会話を大切にしましょう。

パニック障害は、100人いれば2~4人は生涯のうちに発症することがある病気です。青年期後期や成人期を中心に起こり、やや女性に多いようです。

症状は激しく、やがて7、8割の人が広場恐怖に、半数の人がうつ状態を体験します。このために生活に支障がでて、生活基盤などを失ってしまうこともあります。

治療は主に薬物療法と行動療法になります。こうした治療によって、パニック障害は8、9割の人は治りますし、残りの1、2割の人も、完治はしないものの、症状はずいぶん楽になります。あきらめないでパニック障害と取り組みましょう。

京都府精神保健福祉総合センター

療養中の暮らし方については、規則正しい生活やきちんとした服薬、家族や友達との会話を大切にしながら自分のペースで生活することが大切になるようです。

服薬による薬物療法と自分のペースを大切にしながら生活をする行動療法の2つの治療によって、回復を目指す方が多いようです。

9割以上の人は治るようですので、岩橋さんも今後、治療をし続けて完治する可能性は十分あるといえるのではないでしょうか。

しかし、岩橋さんは一部週刊誌の報道では飲み歩いたり、お酒と薬を一緒に飲んでしまうなどの行為があったとされています。

実は、岩橋は休養中も友人らとたびたび酒宴に興じている。 「岩橋くんはまったく療養に専念なんてしていません。飲み歩いてばかりいますよ。2月9日には、京都の英国風パブ『HUB』で友人らとお酒を飲んでいました。京都へは『滝沢歌舞伎ZERO』を観に行っていたようですが、夜は弾けて飲み歩いていた。この翌日に『女の子を持ち帰った』と周囲に話していましたから。ファンやメンバーに迷惑をかけているとか、休養しているといった意識はないんでしょう。  気になったのは、何かの薬をお酒と一緒に大量摂取していたことです。酒で流し込むように10錠以上は飲んでいた。何の薬かはわかりませんが、『1軒の病院でもらえる量だと全然足りないので、何軒もの病院を回っている』と言っていました。周囲が体を心配して止めようとしても、『薬はお酒と一緒に飲みたいんだ!』とやめようとしないんです」(別の岩橋の知人)

YAHOOニュース

ニュースによると、

  • 夜はパブなどで飲み歩いている
  • 女の子をお持ち帰りしてしまうこともあった
  • 薬とお酒を一緒に大量に飲んでしまう
  • 何軒もの病院で薬をもらい、飲んでいる

といった岩橋さんの行動が報じられています。

気晴らしに友達などと飲酒する機会があったとしても、お酒と薬を一緒に飲むのは危険過ぎる行為ですよね。

しかも一気に10錠以上となると、かなり危なく精神的に不安定な状態なのではないか?という感覚を覚えます。

週刊誌の報道がもし事実であれば、かなり病状は深刻な状態なのではないか?と感じてしまいます。

岩橋玄樹がパニック障害で退社!ネットの反応は?

岩橋さんがパニック障害を理由に、メンバー脱退&ジャニーズ事務所を退社することに対して、ネットではどんな反応があったのでしょうか?

岩橋玄樹さんの体調を心配する声と、今後も応援していきたいという声が多かったです!

また、同じくパニック障害を経験したことがある方からは、励ましのメッセージも多く寄せられていました。

脱退は残念ですが無理せず新しい道を歩んでいってほしいですね。

まとめ

岩橋玄樹さんのパニック障害はいつからか?とその原因についてまとめてみました。

2021年10月に初のファーストシングルを出すことが発表された岩橋玄樹さん。

今後の活躍がさらに楽しみですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。